進め! 天パ少年

天パ少年 ばりゅーが気になったこと・興味あることを少し熱い言葉で未来の自分に届けるBLOG

チャリ旅日本一周をして「旅人」って安い言葉だと気付いた

先月に日テレ系列では「24時間テレビ」が放送されていたみたいですが、テレビ離れやネットでの多様化が進んでいる今に「障害者を支える」番組をテレビだけでやるのは無駄が多いんじゃないかなと考えてしまいます。

 

 

お涙頂戴の企画を考えるよりは、もうそろ夏休みも終わりかけで憂鬱な子たちを笑顔にさせるようなワクワクする企画をお願いしたい所ですね!!

 

 

現地で研修中の彼が叶えてくれるのかな!!

 

 

どうも! 天パ少年ばりゅーです!

 

 

 

さぁ今日は僕が感じたあることについて。

 

 

 

この前 ある面接でお話をした時にたまたま自分が日本一周の時の話をしました。

 

 

なんかこの挑戦自体に自分は何か成果があったかと言えば目に見えるものはあまりない

 

 

よくある普通の話だと。

 

 

 

1回だけ就職エージェントと話した時も「日本一周してるんだからその話もっと推してきなよ!」と言われたんですが

 

 

僕はこの話が人に話せるほどすごいことをしていない気がするんです

 

 

 

なぜ!? そんな風に思ったのかと言うと

 

 

僕は日本一周を始めたその日から

「旅人」というのは

安い言葉だと思ったんです。

 

 

 

まぁ日本にいたら尚更だけど

旅人=放浪者と同じぐらい扱いが悪いです

 

 

ホームレスが毛嫌いされるように

僕らも一般的な人からは遠目に貶されます

 

 

 

僕らは大したことしてないんですよ

 

 

 

初日から僕はあざ笑れました

 

 

あの日。

初めて野宿をしたあの日は蚊やハエがたかる劣悪な環境

 

 

でも、、、

 

 

 

僕が1度はやってみたかったことだから!

あの時は続けられました

 

 

 

まぁ日本は島国で小さいので

道路も狭いし自転車が車道を走るにはきつい所が正直あります

 

 

そして、別に苦労しなくても欲しいものは手に入る。

 

 

僕がしたみたいに

ヒッチハイクや日本一周する人なんて頭のネジが抜けまくってると思われて仕方ないです

 

 

それを乗り越えて出会えた人達はほんとに良い人ばかりでした。

 

 

 

日本でありがちな学歴・権力だけで自分を見せない

溢れ出る個性を通して話せる環境はあそこにしかなかった

 

 

 

当たり前を疑って

未来や夢に憧れ

心の底から幸せを感じる

 

 

僕は旅人こそが僕らが求める「幸せに生きる」大切さを教えてくれる人達だと思う。

 

 

 

そんな人に出会えるからこそ僕は旅の良さを伝えていこうと思う

 

 

 

この人生は ハプニングだらけ

 

 

 

ではまた。

f:id:tenpashounen:20190911201602j:image