進め! 天パ少年

天パ少年 ばりゅーが気になったこと・興味あることを少し熱い言葉で未来の自分に届けるBLOG

″キミって何者??″ 「自分らしさ」について考えてみる。

どうも! 天パ少年ばりゅーです!

 

 

僕が働いていたスキー場がオープンしたらしく

早くも行きたい欲が爆発しております。

 

 

今日は僕がよく考えていることについて。

 

 

最近 就活も始まりつつあったり

僕が色々なことをしてるからかもだけど

こんなことを考えます。

 

 

 

お前は何者?

 

 

 

ナニモノ??

 

 

2年前ぐらい「何者」って映画があったように。

 

 

一体自分は何者なのか?

 

 

「自分らしさ」って言うのが難しい。

 

 

 

僕は

苗字も珍しいし

天パ少年だし

趣味はスキー・スノーボード・旅

自分でも何言ってるか分からなくなるときがあるんだけど笑

 

 

 

そんな自分を今は良いと認めている。

 

 

僕はこのままなんだよね。

 

 

中高まではこれがマイナスなことだと思ってた。

 

 

 

名前がちゃんと言われないのは嬉しくなかったし

 

髪型がみんなと違うのは恨むほど嫌だった。

この髪のせいでいじめられたから。

 

国語は超苦手で作文を書くのには苦労した。

言いたいことを言えてない自分がすごく恥ずかしかった。

 

 

でもこの考え方が変わったのは

 

 

浪人生大学生 でした。

 

 

浪人時代

教務の方々は色んな生徒を見ていて

その子なりの良さを伸ばしてくれる存在だった。

 

僕が説明会で初めて会ったとき

人生で初めて

「君はその髪型の

ままでいなさい!

 

その方がこれからの人生得なことが沢山ある!」

と面と向かって言ってくれた。

 

 

縮毛矯正をかけようと思ってた僕にとってこの言葉は強く響いた。

 

これを悪いように言わない人がいるなんて。

 

 

予備校に入ったあとも

何度も僕の作文添削に付き合ってくれた。

自分も気が遠くなるほど文章を書いていたと思う。

 

これはその人に認めてもらうためではなく

自分らしい言葉で書くことを大事に出来た。

 

 

そのあと

僕はネガティブなこともポジティブに考えることが出来るようになった。

 

 

だから僕は「天パ少年」と言えるんだと思う。

 

 

 

 

もちろん僕は就活においても周りの人に合わせることはしない。

 

 

僕は天パだからありのままでいく。

 

 

僕が受けたインターンでパーマの人を見た事がないし 天パのアフロも見たことがないけど笑

 

 

それを受け入れてくれる所へ行こうと思う。

 

 

実際 茶髪でもOKな企業はいっぱいあるし!

オシャレな髪型の人も沢山見たことがある。

 

 

日本人だからこれ!ってことはないと思う。

もうそれつらくない?

 

 

僕は自分らしく進んでいくぜ!

 

 

ではまた。

f:id:tenpashounen:20181212190428j:image