進め! 天パ少年

天パ少年 ばりゅーが気になったこと・興味あることを少し熱い言葉で未来の自分に届けるBLOG

″あの子に知られたら・・・″ 「闇のスクールカースト」について考えてみる。

どうも! 天パ少年ばりゅーです!

 

 

今月は予定も少なく、無理矢理忙しくしています。

 

 

大学3年目にして「the 大学生」を今頃やっています。

 

 

まぁそんなことは置いといて。

 

 

今日はここ最近感じた身近な話について。

 

 

 

あなたには

「闇のスクールカースト

ってありましたか?

 

 

まずカースト制度って言うのは

現在インドでまだ根強く続いている身分制度のこと。

 

インドでは 生まれた時点で階級が決まり

下人は上の階級人に逆らうことは出来ない。

 

やらかせば基本死刑

生きて帰ってくることはない。

 

 

 

 

それとは別に

学校でもスクールカーストが存在する。

 

 

僕が関わっているボランティアで高校生と話していた時に強く感じたことである。

 

 

 

男子グループ

女子グループ

は違うように。

 

 

男子と女子とでは友達の関係性が全く違う。

 

 

男子

陽キャでも陰キャでもあんまり気にしないけど。

 

 

女子

友達が出来た時点でグレーに関係が決まる。

 

 

そして、

そのグループに所属すれば抜けることが難しくなる。

 

 

元気にはしゃぐワイワイグループは

カーストのトップに君臨し

 

大人しい物静かな子たちは

それに続いするようになる。

 

 

静かな子たちは上の子たちに悪い噂を流されないかビビり

 

 

イケイケな子たちは下の子たちを見下し自分達の地位を守っている。

 

 

リーダーの子が言ったことは(誰かがこれにしなきゃ!とか決めてないのに…)従わなければいけないし。

 

 

みんなと違うことをしたらみんなに悪く言われるかもと思って自分の意見を殺したり。

 

 

友達との(闇の)ネットワークが理由で自分が本当に思ってることを言えなくなっている。

 

 

男子だったら、、、

そんなやつ!

友達だなんて言わないよ!!

でムカついたら殴り合いの喧嘩をすれば良いけど。

 

 

女子はそうはいかない。

 

 

知り合いは沢山いても、

真の友達は1人ぐらいだったりするし。

 

 

僕はその現実を現場で目撃した。

 

 

高校生の時からたまに目撃してたけど、、、

 

 

女の子が無意識にやってる特殊能力で。

 

好きな子でも

ふつうの子でも

嫌いな子でも

 

話そうと思えば話せるし

ワイワイ話すことも出来る。

 

 

しかし、、、

グループで仲が良くても

1人いなくなると

その子の悪口を言う。

 

 

 

僕にはこんなこと出来ないや。

 

 

 

 

人間だから

「あの人にこう思われたらどうしよう。」

「このことがあの子に知られたらどうしよう。」

 

最終的には

「あの子に

嫌われたら、、、

 私のポジションはどこになるんだろう。」

 

 

 

そんな子達を何回か見てきた。

 

 

 

みんな何か自分を忘れてた。

心の自分はどこにいるんだろう。

 

 

 

実はその話に近いのが

漫画「アオハライド」に描かれていた。

 

 

主人公は友達といるとき

自分を殺してた。

 

でも、いつもいる一人の女の子が気になって声をかけて考え方が変わる。

 

 

後にグループの子に想いを伝えたけど、、、

 

相手には

「ナニ? 私のこときらいなの?」

と言われ疎遠に。

 

 

でも彼女は前の自分より自分らしくなれたのであった。

 

 

 

友達付き合いが大事なのは僕も知ってる。

友達といたらめっちゃ楽しいし!

毎日がHappyだー!

 

 

でも、

友達といたいがために自分を見失うのは違うんじゃないかな。

 

 

そんな今日のお話

 

 

ではまた。

f:id:tenpashounen:20181207220856j:image