進め! 天パ少年

天パ少年 ばりゅーが気になったこと・興味あることを少し熱い言葉で未来の自分に届けるBLOG

【絶景!】日本のテッペン!!「富士山」に登ってきたよ!

9月が始まりましたー!

今年もあと4ヶ月とか不思議な感じだな。

 

 

どうも! 天パ少年ばりゅーです!

 

 

今日はタイトルどおりこの話題を!

ついに富士山へ登ってきましたー!

初のご来光を見に行った2日間を記事にします。

f:id:tenpashounen:20180902215221j:image

 

今回もドタバタありの珍道中(笑)

写真もたくさんあるので

  • これから登る人
  • 来年富士登山に挑戦する人
  • 単純に天パ少年の記事が読みたい人

etc…

 

 

楽しんでってねー!

では! 始めます!

ちなみに、今回は友達と2人で登りました!

 

 

 

ーーーーー

朝8時 新宿

ここから僕の富士登山が始まる!

 

 

富士山までの移動は友達から教えてもらったバス往復と帰りに温泉が付いたツアーで予約!

 

この日もバスはほぼ満席

日本人よりも外国人が多かった印象です。

 

 

バスに揺られること約2時間半

f:id:tenpashounen:20180902214528j:image
f:id:tenpashounen:20180902214525j:image

 

バスは富士山吉田口五合目に到着!

ここでも標高は2300m

いつも生活している所とは大違い!

 

 

少し歩くだけで心臓がドキドキしてくる。

僕は1回 ボランティアで飛騨高山の乗鞍へ行ったことがありますが、、、

そこでも2000mはなかったので

この高さは未知の体験!

 

 

五合目は登る登山者と五合目まで来る観光客とでごった返していた。

f:id:tenpashounen:20180902214611j:image

バスから降り

ツアーで案内されている休憩所 

「富士山みはらし」へ!

 

ここで1時間程度休憩を取り体を慣らしてから登るのが富士登山の鉄則!

 

 

朝からあまりご飯も食べてなかったのでここで昼食

食べて準備して滞在すること2時間

 

13 富士山登頂を開始!

今日の目的地は宿がある八合目

「白雲荘」

公式で書かれている所要時間は4時間30

 

f:id:tenpashounen:20180902214650j:image

登山2回目で富士山なので登頂できる不安ですが…

ご来光を見たい!!

という気持ちだけが心を押してくれる。

 

 

 

 

○五合目〜六合目

この区間はわずか80mほど登る

足慣らしに近いような区間

f:id:tenpashounen:20180902214732j:image

六合目までは短パン半袖で歩く人や家族連れも多く見かけた。

ここまでは序の口笑

 

 

本当の富士山は六合目からスタートする!

果たして登りきれるのか、、、

 

 

○六合目〜七合目

f:id:tenpashounen:20180902214808j:image
f:id:tenpashounen:20180902214811j:image

ここから本格的に登山が始まる!

でも、多くの登山者が来るおかげか登りやすいように整備されている。

 

岩場はないので最初の所はゆっくり時間をかければ問題なく進むことが出来る。

ガイド付きツアーの1団が前で長い列を作っていることもあったが、そこは焦らず冷静に。

 

 

ここは標高2350mを超える高地

いつもいる場所とでは酸素の量が半分ほどになっている。

焦ると高山病のリスクが上がる。

 

 

そして、ここからは自然限界と言われる場所で日差しを遮る物が一切ない。

登るときはサングラスが必須だ!

眩しすぎて前が確認しづらくなるからねー

 

 

何度も続くジグザグとした道を歩き、

約40分ほど歩くと最初の山小屋に到着する。

 

 

f:id:tenpashounen:20180902214846j:image
f:id:tenpashounen:20180902214844j:image

ここからはもういつもとは違う環境

トイレはチップ制で200円かかる。

 

f:id:tenpashounen:20180902214912j:image

ドリンクはオール400円かかり

水もお茶もコーラも同じ価格という不思議な現象を見ることが出来る笑

 

 

大抵の山小屋は

トイレとベンチ

登るための栄養食や飲み物が中心として置いてある。

 

七合目は少し登るだけで山小屋がある休憩スポットの宝庫だ!

 

 

もちろんこの山小屋でも宿泊することが出来るが、、、

ご来光に向けてかなり早起きしなくてはならない。

 

そして、ここからの道のりがとてつもなく大変なのである。。。

 

 

山小屋を3つ過ぎたあたりから道は

平坦な所から岩山だらけの岩場「アスレチックゾーン」へと様変わりする!

f:id:tenpashounen:20180902214956j:image
f:id:tenpashounen:20180902214952j:image

この区間はほんとに僕が小さい頃遊んでいた雪山と環境が似ている笑

僕の友達は相変わらずすごいスピードで登っていくし笑

体が重い僕は1段登るごとに息がアガる。

 

 

七合目はアスレチックで遊んでいるような楽しさがある!

しかし、、、現地はかなりの高所

他の登山者も簡単には登れない。

 

 

山小屋では休憩する人もチラチラ出てくる。

僕らも七合目最後の山小屋で長めの休憩を取った。

 

 

富士山には水がない。

その分、山小屋で売られている水は高いし量も少ない。

水分はかなり貴重だ。

 

 

ここから八合目に入る。

登った経験者からの情報によるとここからぐーんと寒くなるらしい。

 

また新たな未知の世界へ僕らは飛び込んだ。

 

 

○七合目〜八合目

ここからは山小屋も少なくひたすら岩山を登る区間が続く。

 

 

七合目との違いと言えば、同じ岩山なんだけど斜度がきつい!

そして、

寒い!!

 

気温が低いのもそうなんだけど

風も強い!

 

 

スタートから3時間

体もかなりの疲労で倒れそうになるし息もあがって大変だけど・・・

ここまで来たらご来光を見たい!

 

ようやく今日のお宿

「白雲荘」に到着!

f:id:tenpashounen:20180902215030j:image

 

まだ16だけど、ちょこちょこお客さんはいた。

f:id:tenpashounen:20180902215051j:image

これが今日の寝るとこ

二回に上ってこのように並んでいる。

寝袋が並べられていてスペースとしては一畳もない。

 

下に下りて持ってきた夕飯を食べる。

まだ時刻は17時30分

しかしやることはもう何もない。

 

起きていても隣のじじいの話を聞くしかない。

これが「若者はよ~」っていう一番嫌いなタイプで。

 

許されるなら柱に頭をぶつけて高山病の前に流血させたいぐらいだった笑

 

 

だがありがたいことにだいぶ疲れていたのだろう。

そのまま僕は眠りについた。

明日の起床は午前2時である。。。

 

 

ーーーーー

今日はここまでー!

 

明日ついに!

ご来光を見に出発します。

 

 

果たして!?

ご来光を見ることは出来たのか!?

 

乞うご期待!

 

ではまた。

f:id:tenpashounen:20180902215139j:image